ドイツ語で多読をしたい

今のところドイツ語オンリー。過去に英語100万語。将来は他の言語も。

12冊目 : Bobo Siebenschläfer - 2歳以上対象の絵本

本ブログ初のKindle本。ネットで「ドイツ語 多読」と調べると頻繁に見かけるので、読んでみることにしました。Onleiheにもこの「Bobo Siebenschläfer」シリーズはあったのですが、iPadのOnleiheアプリで読むことができず(さまざまなエラーが表示)、Amazonで安くなっていたので書いました。この本、ドイツ語多読スタートには最適な予感がします。

幼児のBoboを中心とした、3人家族のSiebenschläfer家の日々の出来事が描かれる絵本です。Boboはまだ哺乳瓶でミルクを飲む年齢。まだ発語はなさそうな感じ。ご飯中にコップを倒したり、お父さんに遊びをせがんだり、一人の赤ちゃんの様子が描かれているのですが、イラストに味があって可愛いです。

1冊に7つのお話が入っており、家、買い物、動物園、公園…といろいろな場面の様子を読めるのが良いです。1〜3文に1つの絵なので、絵と対応して単語を簡単に推測することができます。これは多読でA1レベルを読む人間にはぴったりな気がします。

Boboシリーズは沢山あるので、あと数冊は入手しようかなと思います。

ところで、ドイツ語の絵本をKindleで探すと、「ab 2 Jahren」のように年齢表示があるのに気がつきました。これを参考にして絵本を選んでいけばいいのかな?と考えています。2歳以上を何冊か読んだら、3歳以上に挑戦したいと思います。Amazonに8歳以上の本はどっさりあったので、8歳まで到達したら多読の本が足りなくなる恐怖はなくなりそう。ひたすら検索をする日々を送ろうと思います!

www.rowohlt.de